2018/10/23

しなやかな対応力を見せるスマートな純吟ひやおろし ♪



当店でもエイジングした滑らかな玄人好みとして人気のシリーズ『独楽蔵』

この銘柄を醸す蔵のもう一つの柱銘柄、それがこの杜の蔵

夢一献という福岡県の酒造好適米を使用した純米吟醸のひやおろし

杜の蔵 純米吟醸 ひやおろし

新酒を搾ってから約半年、酒蔵で静かに時を過ごし、なめらかに育ちました

そもそもが主張たっぷりの吟醸香がしっかりするタイプのお酒でなく

非常に素直で柔らかく、どちらかといえば涼しげな香り


『独楽蔵』シリーズの兄弟アイテムという先入観を持って飲んでみると、

ひやおろしとはいえ、まだ若い印象が残る、スマートなお酒のイメージなんです

だから、さっぱりと楽しみたいならば、開封後早めに飲むことをお勧めしますが

開封して空気に触れることで、酒質も徐々に丸く変わってくるはずです

2,3日から1週間ほど経つと、今度は開けたての時の若さが鳴りを潜め

徐々に頼りがいのある旨味のまろやかさな面が顔を出してくるんです

そうなると、今度はぬる燗でも常温でも十分に楽しめるんですよ

開けたては冷やして爽やかな味わいを、

数日経って口当たりが柔らかくなってきた時にはぬる燗や常温でゆるりと

・・・今流行の二刀流の楽しみ方が出来るんです

となると大変贅沢でハイコスパなお酒だということ、お分かりですよね?

そんなベテラン体操選手なみのバランス感覚に富む純米吟醸、この秋に如何です?


【 季節数量限定 1.8=¥3,024 720=¥1,512 】




2018/10/19

膝詰めで舌鼓を鳴らす夜、ご一緒にいかが?・・・vol.1


毎年秋恒例の日本酒の会、今年は店主諸事情につき11月に開催となりました。

加えて例年とは異なり膝詰めでこじんまりと開催することになりました。

そこで、第1弾、第2弾とテーマを変えて2度開催とします。

その第1弾として、まさにストレート&シンプルに【日本酒と牡蠣】

様々な牡蠣料理で牡蠣と日本酒の美味しさを再発見するひと時

冷え込みも増してくる秋の夜長、膝詰めで一緒に舌鼓打ってみませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【申込方法は?】
お電話( 0155-24-4831 )又はメール( info@maeda-e.com )から
参加人数、代表者のお名前、お電話番号をお知らせ下さい。

【会費は?】
当日会場にてお支払下さい。

【定員は?】
定員になり次第受付終了となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このイベント告知、当店各種SNSでも告知スタートします。

ご質問、お問合せなどありましたら、お気軽にどうぞ!
メール( info@maeda-e.com )

お申込は先着順とさせて頂きます、ぜひお早めに!


※ 第2弾は後日お知らせスタートしますが、開催は翌週土曜日の開催です。

2018/10/16

熟柿の如き一番の飲み頃を楽しむアニュアル芋焼酎



日本酒の世界には、秋のひやおろしという楽しみ方がある

出来立てのお酒を秋まで寝かせて、美味しさをのせて秋に楽しんでもらう

こんなこともあって、寒くなる季節になるとお酒が美味しいと感じるんだろうな

なのに、芋焼酎の世界にはひやおろしという楽しみ方はない

でもね、芋焼酎だって、出来たばかりの原酒をひと夏越させて

たっぷり朝晩の寒暖差で旨味をました状態のノリに乗ったものがあってもいいじゃない!

それがこの1本

芋焼酎 八千代伝 熟柿(じゅくし)

年に一度、秋に数量割当限定出荷される、まさに芋焼酎版のひやおろし!

スペックはというと、原料は王道の黄金千貫だが、麹は白と黒のブレンド

酒名の通り、”まるで秋に熟した柿のように”甘~い香りに、しっとりとしたコク

時の流れが焼酎にまろやかさを与え、加えて気持ちいいキレ味もプラス

もちろん口当たりも甘~い香りのように、優しいタッチが楽しめますし

飲むほどにこの熟した味わいの醍醐味が楽しめるようになります

秋の味覚のつもりで楽しむには絶好の数量季節限定の芋焼酎ですよ ♪


【季節数量限定】
1.8L=2,810円



 

2018/10/12

贅沢に紡いだ刻を楽しむアダルティなひやおろし



”ひやおろし”といえば、当然ながらひと夏越した・・・というのが謳い文句

それゆえ、旨味のノリ具合は蔵元、銘柄ごとに様々で当然

ゆえに、どこがひやおろし?というようなサッパリしたものあり

逆に、ひと夏でこんなにもコクが増すんだ~と驚くようなものもあり

そんないろんなひやおろしがある中で、このひやおろしはまた特別


独楽蔵 特別純米酒 二年目の秋 ひやおろし

胴張に書かれた【二年目の秋】の名の通り

ひと夏ではどうも納得のいく、旨味のノリ、コク、キレがピンとこなかったらしく

もうひと夏超えた二年目の秋を迎えたものをこの蔵のひやおろしとして出しているんです

ほぼ2年の熟成からくるまろやかでしなやかな口当たりに舌触りで

ボリューム感がありつつスッキリ穏やかなコクと酸が絶妙な世界を作りだしている

柔らかい米の美味しさも飲用温度が人肌に近づくにつれて、ハリと潤いが顔を出してくる

派手な化粧をしているわけでも、ブランド物の衣装を着飾っているわけじゃないから

ルックスをただ拝むだけであったり、ちょっと口にする程度で終わってしまえば

もしや何の変哲もない純米酒じゃないか!と捉えられるやもしれません

だからせめて、2、3合くらいはお付き合い下さい

また、冷やしてもいいですが、ほんのり温めて御賞味下さい

玄人が好む贅沢なお酒の世界をちょいと垣間見ることが出来るますよ、きっと ♪


【 季節数量限定 1.8=¥2,916 720=¥1,458 】


 

2018/10/09

さりげない気遣い感じるマニッシュなひやおろし


無意識のうちに盃が進むようなピュアな”こなれ感”がたまらない十旭日

定番アイテムまでの”こなれ感”とはいきませんが、

新酒がひと夏だけ越えて新鮮さの名残も見え隠れする中に落ち着き感を楽しめる

十旭日(じゅうじあさひ) 純米酒 ひやおろし


裏ラベルをご覧頂ければ私の説明は必要ありませんよね(笑)

黄色く色付いたイチョウの葉っぱをモチーフにしたジャケットも素敵でしょ

徐々に秋の色付く様々な風景がきっと皆さんの頭の中によぎっていることでしょう

さて、皆さんの頭の中にはこのお酒と一緒にどんな秋の味覚が浮かんでいますか?

それぞれの秋、それぞれの楽しみ方に寄り添ってくれる

・・・そんな十旭日さんの優しいひやおろし、いかがですか?


【 季節数量限定 1.8=¥2,916 500=¥1,080 】

2018/10/05

繊細&フルボディな aroud50男子なKIMOTO


原料米から丹念にこだわり米味のポテンシャルを存分に引き出し

しっかり旨い、濃厚な酒質ながらしつこくない飲み飽きしない

ナチュラルな醍醐味溢れる秋とんぼシリーズの山田錦バージョン

いづみ橋 秋とんぼ 生もと純米 山田錦

自社で丁寧に栽培した山田錦を100%使用して、

極力無駄に磨きこむことを排除し生もとで仕込む

それも、秋に旨味がより一層乗るようにガッチリボディに

お蔭で抜群の辛口スペックながら、濃厚な旨味と野太い酸により、

見事なエキス分を飲み飽きすることなく楽しめるひやおろし


そして何より見事なのは、温めてみるとよくわかるトータルポテンシャル

泣けてくるほど米味がふんわり襲い掛かってくるのに、何ともキレがいい

口当たりだって、冷やの時の辛い印象が、滑らかさに変化してくる

温めて尚更食中で楽しむことが嬉しくなるお酒なんです

冷やならピンでも主張してくるメリハリのあるインプレッションですが、

温めると、『余計なことはいいから、まずは飲んでご覧よ』と言いたくなる

その辺にいるカッコイイ男性なんだけど、中身は筋骨隆々って感じのお酒

どんなリクエストにも笑顔で答えてくれますよ、白い歯をチラツカせながら(笑)


【 季節数量限定 1.8=¥3,348 720=¥1,782 】



 

2018/10/02

清流の如くスリム&スィートな吟醸麦焼酎

 

麦焼酎の中でも珍しい減圧蒸留&黄麹

原材料の大麦を日本酒で言うところの大吟醸並みに磨き、

吟醸酒用の黄麹で麦麹を造り、酵母も日本酒酵母と使い、

清酒蔵で丁寧に日本酒の吟醸酒を醸すように仕込まれました

麦焼酎 うすは音

まさに香りは麦の甘さを上手に立たせた実に綺麗で上品な芳しい香味

飲み口も減圧蒸留由来の優しいタッチで、 滑らかで軽やかな飲みやすい味わい

この焼酎の特徴を存分に楽しむならやはり断然ロックがお勧め!

いい意味で麦焼酎の粋を超え、日本酒の面影すら感じる贅沢な1本

【 数量限定 1.8=¥2,380 720=¥1,190 】