2018/07/03

【ビール祭り特集】・・・ビール祭り エントリービール紹介 その2


前回が1回目ということで、エントリービールを紹介していますが
樽生ビールの容器の画像で紹介しても何とも味気ないので
銘柄紹介のために缶ビールの画像を利用しているためだと思うのですが、
『缶ビールでビール祭りやるの??』と毎年必ず数名の方に聞かれます
・・・いいえ!樽生ビールで飲み比べて頂きますよ ♪

ということで、2種類目はこのビール・・・



 ≪ キリン 一番搾り ≫
※写真はメーカーさんのサイトから利用させて頂きました

本当にざっくりとビールがどうやって出来るかというと
原料の麦から抽出した糖分が酵母の力を借りて、アルコールが生成されて出来るんです
この糖分を含んだ麦汁に着目したのが、この一番搾り

別にビールが出来た最初の搾りの部分・・・という意味ではないんです
一番搾りとは、【一番搾りの麦汁】という意味なんだそうです

この麦汁、一番搾りと二番搾りがあり、
発芽させた麦を、ローストして、砕いたものに水を加えたモロミ
このモロミ自体の重みで自然にしたたりでてくる麦汁のことを一番搾り麦汁
自然にしたたる麦汁が出てこなくなったあと、
お湯を注いで出てくる麦汁を二番搾り麦汁っていうんですって
・・・まあ、これだけ聞いても、なんとなく贅沢な部分だなと思いますよね?

お茶の葉から抽出する急須のお茶みたいに、同じ葉で何度もお茶を出していくと
どんどん渋味や苦みが強くなることありますよね?あんな感じなんじゃないかな?

一番搾り麦汁だけを使っていることで、渋味が少ないさっぱりしたビールが出来るそう
確かに私の感想ですが、コクがあるのに飲みやすいビールですよね

二番搾り麦汁だけで作られたビールと飲み比べたらさぞ違いがわかるのでは?
と思ったのですが、国内では二番搾り麦汁だけを使用したビールはないそうで
一般的には一番と二番の両者を使用して醸し出しているそうです

ビールに求める消費者のニーズ
・・・飲みやすさ、爽快感、飲み心地、美味しさ
それらを追及した結果、キリンさんは、厳選麦汁使用のビールに行きついたのでしょう

原料である麦汁の雑味を廃したところからスタートしたピュア&マイルドな一番搾り
人気があって、消費者に根強く支持されるのもウナズケますよね ♬



0 件のコメント:

コメントを投稿