2018/07/20

【ビール祭り特集】・・・ビール祭り エントリービール紹介 その4


平成最後の【夏のビール祭り】もとうとう来週と迫ってまいりました!

是非是非、お友達とお誘い合せの上、奮ってのご参加お待ちしております♪

さあ!エントリービールを紹介も今回で最終回となります

公平さを期すためのビール紹介ではありますが、
『説明されたってわからないよねぇ~』というお言葉
例年モノスゴク沢山の方から頂きます(笑)

夏のビールを堪能するか、真剣に4種類を当てに行くか
当日までは様々自分の方向性を考えられるようですが、
当日になると、意外や意外、真剣に飲み比べる方が多いんです
・・・お陰で正解率、低下するんですよねぇ(笑)

主催者側として毎年参加者の皆さんを拝見していると
楽しく夏のビールを堪能されている方に栄冠が訪れているように見受けます♪

さあ!最後の4種類目のビールはこのビール・・・




 ≪ サントリー ザ・モルツ ≫
※写真はメーカーさんのサイトから利用させて頂きました


『プレミアムモルツ』で名を馳せるサントリーさんですが、
さすがに他のメーカーさんのプレミアムビールを登場させていないのに
サントリーさんだけ・・・というわけにもいかないので、
サントリーさんから登場して頂くのは、『The MALT's(ザ・モルツ)』としました

1963年にビール事業に参入したサントリーさんは、
現在主力の『プレミアムモルツ』が登場する2000年以前は
この『モルツ』がサントリーさんの主力銘柄でした

他社とは違い副原料を一切使用せず麦芽100%、つまりオールモルトビール
それがこのモルツであり、実は原材料にこだわったまさに贅沢なビールだったのです
ところがモルツ発売の翌年『アサヒスーパードライ』が登場したことも影響したのか
モルツの存在はスーパードライの影に隠れて低迷の時期が長く続きました

そんな中でも品質本位の麦芽100%ビールであるモルツの灯を絶やすことなく
このモルツをさらにブラッシュアップすることで登場した『プレミアムモルツ』で
とうとうビール事業で、それもプレミアム市場というカテゴリーまで確立したのですから
サントリーさんが継続してきた品質本位の姿勢がまさに実を結んだ結果でしょう
1986年の発売以来、単独名称であった『モルツ』は2015年に販売終了し、
それを引き継ぐ形で『ザ・モルツ』に名称を変更、原材料コンセプトはそのままに
味わいをリニューアルして再始動となったとのこと

これまでの『モルツ』は苦味や甘味等が同時に感じられる味わいでしたが、
『ザ・モルツ』は苦味やコク、ほのかな甘味が折り重なる層になって
順を追って感じられるようになり、飲み飽きない味わいになったとのこと

プレミアムモルツとザ・モルツを比べると
前者はやはり華やかな香りが先行するまさ吟醸系の艶やかなビール
後者は麦の旨味やコクを楽しむ純米系の膨ら味あふれる味わいビール
贅沢なコンセプトを変えないメーカーさんのこだわりは
いずれの商品でも十分に感じられますのでご安心下さい ♪



2018/07/17

いづみ橋 夏ヤゴ MOMO13 生もと純米酒


地元の農家さんと共にお米の栽培から精米、そして醸造まで行う

まさに日本版ドメーヌ的なお米に対するこだわり、情熱を感じるいづみ橋

そんな蔵元さんが醸す、チャレンジングな低アルコール夏酒

ネーミングの【MOMO13】

MOMOはお米の種籾の先についているトゲのような部分

それが実は綺麗なピンク色をしていたことからMOMOと、

そして水の中に住むとんぼの幼虫ヤゴが成虫になるまでに脱皮する回数

それが13回だから”13”とつけているんです

それに歩調を合わせて、地元栽培の【神力】というお米を

トラディショナルな生もと仕込で醸しつつ、

尚且つ13度を言う低アルコールをターゲットにしたシリーズがMOMO13

ところが今年は味のノリ具合が14度の方が最適と判断し、

13度ではなく14度で実際の今年の商品は出荷となりました(笑)

ほんのり柑橘、香草系の香りが立ち上がります

口に含むと気持ちいい酸のお陰で柔らかい旨味をまとってスムースイン

舌の上で転がすとクラシカルな生もとらしいゴージャスな旨味が楽しめます

低アルコール由来のファーストタッチなものの、飲むとちゃんと生もと純米

それでいてやはりフィニッシュは低アルらしい爽やかでシュっとした綺麗なもの

見た目やファーストインプレッション、飲み終えた後の印象はスリムフィット

でも飲んでいる最中は野太い背骨の輪郭が感じられるトラディショナルな生もと純米

薄っぺらさの感じない、それどころか十分飲み応え感じる低アルコール!!

だからキンキンに冷やして◎!温めて燗で楽しんでもこれまた◎!!

暑い夏のお休みに川辺でするキャンプの時なんて、最高じゃないかな?

【季節数量限定】
1.8L=3,024円
720ml=1,512円

2018/07/13

芋焼酎 赤兎馬 ブルー


赤兎馬シリーズの見た目通りの夏季限定アイテム

通常タイプは25度ですが、これは夏向きにアルコール度数を20度に

一般的に味のノリが丁度いい25度を飲んでしまうと

20度というと残念ながら水っぽかったり、味わいの薄さが否めないのだが、

元来原酒自体がしっかり味わいのコクと旨味を湛えている赤兎馬

20度にテイストしても、そういうネガティブな印象は感じません

逆に飲み心地とキレの良さが増したようにも感じるほど

瓶のブルーの印象のように、爽やかなテイストが香りでも味でも楽しめる印象

だから邪道と言われるかもしれませんが、瓶ごとガッチリ冷やしてロックが◎

焼酎自体を日本酒のように冷やすことで、夏らしい飲み心地倍増で楽しめますよ

もちろんそんなことをせずとも、普通にロックでもお好きな飲み方で全然OK!

汗をかいたグラスの中の【赤兎馬 ブルー】は

必ずや暑い日のほんのひとときの清涼感をタップリ楽しませてくれますよ ♪


【数量限定】
1.8L=2,700円
720ml=1,425円



2018/07/10

【ビール祭り特集】・・・ビール祭り エントリービール紹介 その3


エントリービールの紹介も今回で3種類目
先日、チケットを買って頂いたお客様からブログ見てますと言われ、
エントリービールの銘柄はどうやって決めてるんですか?と聞かれました

まずビール飲む方なら誰でも知っていることが大前提です
加えて市内飲食店さんでも気軽に飲める種類となると限られてきますよね

そして大手4社のビールを必ず1種類ずつ盛り込もうとすると・・・

ということで、3種類目のビールはこのビール・・・




 ≪ サッポロ 黒ラベル ≫
※写真はメーカーさんのサイトから利用させて頂きました

個人的で誠に恐縮ですが、黒ラベルというと
どうも『男は黙ってサッポロビール』ってイメージがありますね

あと最近では『乾杯をもっとおいしく』って、
サッポロビールさん協賛のテレビの番組等でよく耳にしますし
それとやっぱり『大人エレベーター』シリーズは面白いですよね

昔からの黒ラベルユーザーさんのアンケートを拝見したことがあるのですが
『ひとくち目がウマい』という意見が多いのを覚えています
『乾杯をもっと美味しく』なんて、まさにそうなんでしょうね

それと、やはり多い意見が特徴がない真面目で優等生なところがいいという意見ですね
苦すぎず、キレキレ過ぎず、まろやかで、なめらかで、 飲みやすくて・・・
俄然秀でる抜群の特徴が無いぶん、飲みつけたユーザーさんを離さないんでしょうか

大人であったり、男らしさであったりと、本物を知る人のためみたいなコンセプトが
サッポロファンであったり、ビールユーザーの懐、胃袋をくすぐるんでしょうね
トラディショナルなイメージと中身を身上とする黒ラベル
これからもず~っとこのコンセプトのまま続いて下さい!お願いしますね ♪



2018/07/06

いづみ橋 夏ヤゴ ブルー 純米生原酒

 

何とも愛くるしいマンガタッチのラベルデザイン

何かというと、とんぼの幼虫のヤゴなんです

夏の川の中の様子をイメージしているということで

この蔵の夏季限定商品のデザインはこのヤゴ

その夏商品のヤゴシリーズの山田錦純米生酒

全量自社圃場で減農薬栽培した山田錦を使用して醸しています

夏に楽しめるよう爽やかな口当たりと綺麗な後味を醸し出しつつ

お酒本来の米の旨味をちゃんと湛えた存在感ある味わい

優しい挨拶から始まり、熱っぽく語るような味わいで、気持ちよく帰っていく

ついつい気持ちいいから何の用もないのに、いつも招き入れちゃう営業マンみたいな

素直な笑顔が絶えない対応に、真面目な育ちの良さを感じる

・・・そんなお酒なんですよね

半袖を着て、真っ黒な顔をして、ニコニコしているんだよね

生原酒にして、ちゃんと美味しさを楽しんでもらいながら

セミや虫の声が聞こえるような暑い夜長にも飲み飽きしない

飲みやすいんだけど旨いんだよな、この夏酒 ♪


【季節数量限定】
1.8L=3,240円
720ml=1,674円


 

2018/07/03

【ビール祭り特集】・・・ビール祭り エントリービール紹介 その2


前回が1回目ということで、エントリービールを紹介していますが
樽生ビールの容器の画像で紹介しても何とも味気ないので
銘柄紹介のために缶ビールの画像を利用しているためだと思うのですが、
『缶ビールでビール祭りやるの??』と毎年必ず数名の方に聞かれます
・・・いいえ!樽生ビールで飲み比べて頂きますよ ♪

ということで、2種類目はこのビール・・・



 ≪ キリン 一番搾り ≫
※写真はメーカーさんのサイトから利用させて頂きました

本当にざっくりとビールがどうやって出来るかというと
原料の麦から抽出した糖分が酵母の力を借りて、アルコールが生成されて出来るんです
この糖分を含んだ麦汁に着目したのが、この一番搾り

別にビールが出来た最初の搾りの部分・・・という意味ではないんです
一番搾りとは、【一番搾りの麦汁】という意味なんだそうです

この麦汁、一番搾りと二番搾りがあり、
発芽させた麦を、ローストして、砕いたものに水を加えたモロミ
このモロミ自体の重みで自然にしたたりでてくる麦汁のことを一番搾り麦汁
自然にしたたる麦汁が出てこなくなったあと、
お湯を注いで出てくる麦汁を二番搾り麦汁っていうんですって
・・・まあ、これだけ聞いても、なんとなく贅沢な部分だなと思いますよね?

お茶の葉から抽出する急須のお茶みたいに、同じ葉で何度もお茶を出していくと
どんどん渋味や苦みが強くなることありますよね?あんな感じなんじゃないかな?

一番搾り麦汁だけを使っていることで、渋味が少ないさっぱりしたビールが出来るそう
確かに私の感想ですが、コクがあるのに飲みやすいビールですよね

二番搾り麦汁だけで作られたビールと飲み比べたらさぞ違いがわかるのでは?
と思ったのですが、国内では二番搾り麦汁だけを使用したビールはないそうで
一般的には一番と二番の両者を使用して醸し出しているそうです

ビールに求める消費者のニーズ
・・・飲みやすさ、爽快感、飲み心地、美味しさ
それらを追及した結果、キリンさんは、厳選麦汁使用のビールに行きついたのでしょう

原料である麦汁の雑味を廃したところからスタートしたピュア&マイルドな一番搾り
人気があって、消費者に根強く支持されるのもウナズケますよね ♬



2018/06/29

石鎚 特別純米 夏純米 槽搾り

 

純米というと、やはり香りは麹の香りというイメージがありますよね

そして、吟醸というと当然の如く、フルーティーな芳しい香りが漂うイメージですしね

でも、最近では吟醸ならずとも、とても心地よい甘い香りのお酒も増えています

香りの印象というのは、お酒の評価にとって、とても重要なファクターです

何よりお酒のファーストインプレッションとなるのが、やはり香りですしね

その後に、実際に口に当てて、ふくんで、喉を通し、アフターを楽しむ

こうゆう一連のプロセスが、季節まで感じさせてくれるのが日本酒の醍醐味

優しく甘いメロンのような香りが、瓶を開けるとふんわり漂ってくるこの夏純米

字面や見た目の印象以上に、この心地よい香りが口にふくんでも鼻をくすぐる

フレッシュでクリアな優しいタッチの後に、お米の美味しさが丸みを帯びてやってきて

絶妙な酸が気持ちよく喉の奥で刹那に消えていく

お酒らしくお米の美味しさを楽しめないのはつまらない

だけど夏の暑さの中で楽しんでほしい・・・感じてもらえたら嬉しいな!


【季節数量限定】
1.8L=3,240円
720ml=1,620円


2018/06/22

【ビール祭り特集】・・・ビール祭り エントリービール紹介 その1



今年の夏のビール祭りは事前に表明している通り
昨年と同様に4銘柄をエントリーさせての勝負となります!

そこで例年通り、ビール祭りまでには
4種類のエントリービールの横顔紹介を順次していきますね♪

そこで、五十音順ということで、まず1点目のビールは・・・


 

 ≪ アサヒ スーパードライ ≫
※写真はメーカーさんのサイトから利用させて頂きました

誰しもご存知のあの”スーパードライ”

普段、好んで愛飲されている方もいらっしゃるでしょう
だから今年も当然に外すわけにはいきませんね

バブル到来の引き金とも言われる、発売からもうじき30年を迎える
言わずと知れた、アサヒビールさんの基幹商品、フラッグシップアイテムです

自分が子供の頃、アサヒビールといえば、旭日旗みたいな
日の丸に赤い光が差し込んでいるようなラベルじゃなかったかなぁ
それがあの斬新な鈍く光る缶そのものの色味を生かしたデザインになったときは
お酒が飲める年齢ではありませんでしたが、衝撃だったのを覚えています

何より個人的にこのスーパードライがスゴイと思うのは
味わいはもとより、今までほとんどこのラベルデザインの変更がないという点でしょうか

もちろん飲み手にはまずわからない程度のマイナーチェンジはあったのでしょうが
トータルイメージを覆すようなブランドデザインの変更はありません

お蔭でドライ、辛口のイメージにアルミ色、銀色のイメージを持つ方も少なくないはず
ドライな口当たり飲み心地、シャープな切れ味
日本酒の≪淡麗辛口≫の火付け役にも一役買っていましたし
なにせ社会背景も全開でアクセルを踏んでくれたおかげで
瞬く間にドライな味わいのお酒がこのスーパードライと共に加速していきました
いわゆる大量消費時代の世相にバッチリマッチしたのでしょうね

他のエントリービールともしっかり一線を画してくれる味わいなはずで
いわゆる、利きビールでも是非正解を確実にさせたいビールの1つなのですが、
実は例年一番正答率が低いのがこのビールなんですよね(笑)

わかりやすいだろう!と気を抜かずに、今一度味を確認しながら
おうちで、飲食店さんで、テイスティング練習してみてくださいね ♪


2018/06/12

【ビール祭り特集】・・・『 夏のビール祭り』 概要のお知らせ



『夏のビール祭り』まで気がつけばもう2か月を切りました!

・・・ん?まだ2ヶ月もある?・・・そういう言い方もあるかと

まだまだこの段階では、皆さんも7月の予定も未定な部分が多いでしょうから

即決というわけにはいかないでしょう

そんなタイミングですので、今回は今年の実施概要をお知らせしますね ♪

① 会場その他について

帯広駅北多目的広場【夢の北広場】



マップの通り、帯広駅北側すぐの多目的広場で昨年同様開催となります

好天の場合はオープンエアーで楽しんで頂きますが、
雨天の場合は、テントを設置しての実施となりますのでご安心下さい

午後6時スタートして午後8時までの開催予定ですが、
ドリンクはフィニッシュまで飲み放題ですのでご安心下さい
尚、フードの提供は午後7時45分を目処に提供終了を予定しております

前売チケット制で、当日受付にてチケットをご提示頂きますと
半券と一緒に参加者識別リストバンドをお渡ししますので装着下さい

② 当日のドリンクについて

当日お飲み物は全て飲み放題となります

樽生ビール×4種類、日本酒数種、本格焼酎数種、赤、白ワイン数種、
フルーツリキュール数種、ソフトドリンク数種

一部なくなり次第終了のアイテムもありますが、なるべく潤沢に用意していきます

尚、会場へお飲み物のお持込は固くお断り致します

③ 当日のフードについて

今年はフードブースを設置して、プチビュッフェBBQスタイルで!

焼肉、焼き鳥、焼き野菜にビアソーセージからおツマミまで
お酒にピッタリのフードをお腹一杯お楽しみ頂けます

一部なくなり次第終了のメニューもありますが、なるべく潤沢に準備してきます

尚、会場への食べ物の持込は固くお断り致します

④ アトラクションについて

もちろんメインイベントのアトラクションは【利きビール大会】
イベントスタート時点から積極的にビールの銘柄を当てにいってください!

そしてサブアトラクションとして昨年大好評でした【タンサンスピードGP】を開催
参加希望者を当日募集しますので、グループやお仲間同士の誰かを参加させことで
メチャメチャ盛り上ること間違いありませんよ!!!

また今年はお楽しみ抽選会に変えて、もう1つサブのアトラクションを実施!
具体的内容は当日までのシークレットとさせてください(笑)
こちらは個人参加でも楽しいアトラクションを予定しています
是非是非乞うご期待下さい!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、これら盛り沢山のビール祭りを楽しむには
まずはチケットをご購入頂き、参加しないと始まりませんよ ♬
前売チケット 3,500円 絶賛発売中!

前売チケット購入について、その他問合せも
メール  info@maeda-e.com
電話   0155-24-4831
メールの場合は直接担当者がお応えしますし、24時間対応ですが、
お電話の場合、担当者不在の場合もありますこと事前にご了解願います

次回のビール祭り関連の投稿は、エントリービールの紹介が始まります!!
どうぞよろしくお願いしますね!



2018/05/18

【ちょっといっぷく】『 夏のビール祭り 2018 』告知スタート!


今年もたっぷり夏を満喫できるイベントをやっちゃいます!

当店主催、夏恒例の 夏のビール祭り 、今年も開催しちゃいますよ!

本日から【夏のビール祭り】に関する話題をこのブログでも随時更新していきますし、

フェイスブックでもお知らせしますし、店頭チラシ等での告知も行いますので

どうぞお付き合い頂き、是非ご都合を合わせて沢山の皆さんの参加をお願い致します!

イベントの詳細は 【イベント情報】夏のビール祭り! のページで

いつでもこのビール祭りの詳細はご確認できますし、問合せが頂くことも可能です

ビール祭りなんて無縁だった・・・なんて方も盛り上がれるように頑張りますよ!

ビールの他にも日本酒、焼酎、ワインにフルーツリキュールも

もちろんソフトドリンクも含めて”たらふく”楽しめるからご安心下さい!

昨年に引き続き野外会場での開催ですし、今年はフードブースを設置して、

BBQ形態でのセミビュッフェスタイルでビールによく合う料理を食べ放題!

例年恒例の【利きビール大会】をメインイベントに、

参加者皆さんで楽しむ参加型アトラクションも実施しますよ!

仲良しのお友達を誘って、グループで、お仲間で、またはご夫婦、ご家族で

いろんなメンツでワイワイ賑やかに楽しめますので是非この機会にお越し下さい!


7月28日(土) 午後6時スタート
前売チケット 3,500円

まずは今日から告知スタートとさせて頂きますのでよろしくお願い致します!


2018/01/04

ちょっといっぷく・・・【 あけましておめでとうございます 】


あけましておめでとうございます

戌年も益々よろしくお願い致します



昨年中もFBを通して、ブログを通して、直接お会いして、直接的、間接的を問わず、

当店とご縁を頂きました皆様には感謝の気持ちで一杯でございました

酉年は皆さんにとってどんな年でしたか?

是非、今年、戌年、元気に走り回ってご活躍頂ける年になること願っております!!

ただ、そんな元気な1年にするためには、やはり何は無くとも健康が大切です

何をするにも体も気持ちも健康でなければ何も始まりません

沢山食べて、沢山笑って、沢山寝て、自分の本分を決して忘れず、

健康を維持していくことが、社会人として、親として、子供として、

本当の意味での”義務”ではないでしょうか?

あなたが元気であれば、家族も会社のみんなも、友達も、親戚も、みんな幸せです

自分の力ではどうすることも出来ないこと怪我や病もあるでしょう

だからこそ、コントロールできることは最低限しっかり注意していきましょう

そのために、お酒も上手に利用して頂くことをお勧めします

お酒は食事を美味しくさせてくれ、食欲増進の効果もあります

お酒は楽しいひとときを演出してくれます

お酒は人と人との会話の潤滑油になってくれます

適度な量のお酒は健康を維持するお手伝いをしてくれます

当店には、ネームバリューや知名度でミーハーに喜んでもらえるお酒達はおりません

一人際立った上手な選手がいるチームではありません

チーム全体で選手一人一人の役割、個性で成り立っているチームだと思っております

お酒が本当に好きな皆様の期待されている目的は達成できるチームではないかと

私は勝手ながら自負しております

どうぞ今年も当店のお酒達と当店を可愛がってやって頂ければ大変嬉しく存じます

本年、戌年も昨年以上にご贔屓の程よろしくお願い致します